上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏壇花・墓地花・ペット供養供花・手元供養仏花・供花全般をはじめとし、斎場アレンジ全てを含めてフューネラルフラワーと呼んでいます。

一昨年ぐらいから急激にアーティフィシャル、プリザーブド、ドライで作るこのようなフューネラルフラワーの御注文が増え、私もフューネラルフラワー協会の理事の岩田先生のセミナーを受けて、勉強しました。仏花の基本を学んだ上で、ご注文下さる皆様の故人を忍ぶお気持ちに合わせ、作製したいと思っているのです。

今回は満中陰法要の為にお送りするお花を作らせていただきました。
法要の際は、仏壇の脇にお供えして頂きますが、今回は全てアーティフィシャルでのアレンジですので、その時限りの生花とは異なり、法事用ではありながら、式後はご自宅のどこに飾られても良いようにということで作成致しました。

IMG_3491_convert_20140618143507.jpg
     IMG_3492_convert_20140618143527.jpg
季節に合わせたグリーン系にいたしました!とても仏花とは見えませんが、色は抑え、花器もアイアンと磁器のコンビのものを使用しています。

先月のご注文では同級生から、ご友人のお父様が亡くなられ、喪主の奥様へのフューネラルフラワーを・・・しかしいわゆる仏壇に置く仏花ではなく、仏壇にお供えした後は、その奥様がいつまでも楽しめるような・・・派手でなく、ご自宅に飾っておかしくないアレンジを・・・というご注文でした。これをリクエストされた時も、なるほど~~と思い、残された奥様のことを想っての気遣いに大変感動しました!
縺九k縺ソ繧謎サ剰干_convert_20140618143402
     莉剰干繧ォ繝ォ繝溘Φ・胆convert_20140618143438
可愛らしい奥様のイメージ通りだったと、同級生Kminには大変喜んでもらいました。
そして本日も9月に必要な仏花のご依頼があり、故人の好きだった色合いで作ってほしい、いわゆる仏花ではないものをご希望されていましたので、この写真の花の事を説明していたところです。

お悔み花・・・といっても、生花のお供え花の様に作る場合もあり、またこのように遺族の事を想う仏花もあるわけです。それはお花を差し上げる方のお気持ちなので、私はできる限りのご要望にお応えしながらこれからも心を込めて製作していくつもりです。

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。