上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は日曜日から昨日まで、東日本大震災の被災から見事に復旧、復興を遂げた梅の名所、水戸の「偕楽園」に行ってきました!実は昨年、3月12日にこの場所に行こうと計画していたのに断念!今年は友人と共に実現できて最高に嬉しかったです。

アロマ、調香を勉強する中で学んだのが、芳しい梅の花から天然香料は得られない事!ですから咲いている花から臭気を集め成分を割出し本物の香りに近づけて合成するのです。
本物の梅の香りは本当に素晴らしいんですよ!この香りに浸る為には今が絶好の時季ですからね!もう桜開花の時季になってしまいますけどね~!
偕楽園

偕楽園」は民と偕に楽しむ場として徳川斉昭により造園され、梅を愛した斉昭が13haの園内に100品種、3000本の梅を植えさせたとされていますが想像以上に素晴らしかったです。
偕楽園
     偕楽園


この偕楽園の中でも好文亭なる御殿は、絶景が見渡せる場所に斉昭自身がその御殿の位置から建築意匠までを自ら定めたといわれています。各部屋ごとに花の名がつけられ、襖絵にはその花が見事に描かれていました。
梅で有名な偕楽園ですが、春には桜、初夏にはツツジ、真夏には大杉森、秋には萩の花、モミジが観賞でき、また眼下には千波湖を望む景観は絶景の一言ですよ!
好文亭
    好文亭
      偕楽園
偕楽園表門を入り、一の木戸から覗く孟宗竹林、大杉森は神秘的な空間      


あまりにも観梅日和で思わず、お弁当買って、この梅に囲まれた庭園内で昼食を食べました。そんな人が多いんですよ!
偕楽園

今年の梅の開花は寒さ続きで、この時季でもあってもまだ全体の約半分くらいでしたが・・それでも梅の香りに満たされ私は十分満足でした!梅ソフトを食べながら・・千波湖まで歩きました!

夕方には北茨城の郷土料理・あんこう鍋を日本酒と共に頂きました!最高に美味しかったです!
アンコウ鍋アンコウ鍋

またホテルでも友人と二人で、そぼろ納豆や納豆チョコをおつまみに地酒呑んで、も~茨城一色だっぺ!
私って実は茨城県に行ったのが初めてだったんですよ!印象は・・触れ合う人々がとっても温かい場所でした!
地酒水戸駅
              水戸黄門様もいらっしゃいましたよ~!











 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。