上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い3月であっても花粉の飛散はとっくに始まっているような今日この頃ですが・・・去年から花粉症デビューの私はまだやはり軽症のようで症状は出ていません!

昨夜、取っていたビデオを見ました!「エディット・ピアフ愛の賛歌」(2007年作)です。
天性の歌声で人々を魅了した世紀の歌姫、エディット・ピアフ・・・映画の物語を彩る数々の名曲のほとんどにはピアフ本人の音源が使用され、賞賛を集めた女優マリオン・コティヤールの名演技とも相まり、歌姫のあまりにも壮絶で波乱万丈の人生が激しく、哀しくそして美しく描かれていました。感動しました!

あまりの貫録に、もっと高齢になるまで歌い続けていたイメージのあったエディット・ピアフでしたが・・・意外と若くしてこの世を去ってしまったのですね・・・まさしく47年間の短く太い人生でした。

彼女の傷心的な声や雰囲気からもそれは十分なまでに想像できますが・・・実際、名声の裏にある私生活は、不幸な生い立ちから始まり想像を超えるほどに悲劇的・・・でもそこから生まれるあの狂気的なまでの力強い歌声と姿・・・彼女は、彼女の人生そのものを歌で叫びたかったのだと納得しながら見ていました。

彼女の代表曲、私の結婚式にも流した「バラ色の人生」は彼女の人生の中で幸せ絶頂期の頃、愛する人への歌。そして「愛の讃歌」は飛行機事故で亡くした最愛の恋人を想い歌った歌。自分の人生を歌に投影させ、歌いこむ彼女は素敵です。
でも今回私は映画の最後に流れた彼女の晩年の名曲「水に流して Non, je ne regrette rien」が今でも頭の中で流れているのです。彼女の人生を凝縮し言葉にして表現したような歌・・・
    
    いいえ、後悔していない
    いいえ私は何も後悔していない・・・
    人が私にしたいいことも悪いことも、私には同じ事・・・
    いいえ、後悔していない
    いいえ私は何も後悔していない・・・
    私の人生も、私の喜びも今始まるの・・・あなたと共に

晩年の彼女が女性に対して助言する言葉は?と聞かれたときこう答えています。「愛しなさい・・・」

ピアフは雀・・・なぜか最後にステージで歌っている彼女を見ていたら、美空ひばりを思い出しました(どちらも鳥ですね~笑)


 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。