上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日トリートメントで使用したサンダルウッドの香りと共に、私は昨年お客様の紹介で連れて行って頂いた香道の事をを思い出しました。

香道とは室町末期に確立された日本独自の文化で、本来はお公家さんの遊び。それだけに、香りそのものだけでなく、目に映る景色を愛でたり、和歌のやり取りを楽しんだりと情緒的で、奥深い日本ならではの楽しみが盛り込まれています。
私は、大枝流香道の三品隆昭先生の春の香席に参加しました。

なかなかおもしろかったですよ!くじで席順を決め、くじには三十六歌仙の名前が書かれていて、
私は猿丸 大夫という人になったんです。

香道では要するに、香りを当てるわけです。
試香(こころみこう)のあと、本香を行い、答えを墨で和紙に書き、記録係に渡します。

最高得点者には記録紙が授与されるって、私、アロマセラピストの意地見せちゃって、記録紙いただきましたよマジで!!!
その時も、このサンダルウッド・白檀の香りがしていたので今日、急に思い出したんだと思います。

平安時代に薫物(たきもの)として用いられた薫香の中で、6種の薫物がありましたが、そのうちの4種が源氏物語にも登場し、白檀はこの4種の内の黒法(くろぼう)祝儀用の冬の香りに属していると書かれています。

インセンスとしてのサンダルウッドは木片を粉末にして焚くか、そのままの木片でも繊細な香りが広がります。
なんといっても樹そのものが芳香を発するのがこのサンダルウッドですからにこ

アロマテラピーのトリートメントでこの精油を使うときは、
クライアントが今までとは違うほどのストレスや疲れを実感している時の、深い鎮静として使用する事が多いです。
セラピストの私も一緒に気持ちの鎮静をさせて頂きます。

確かに酢酸リナリルにはない神経バランス効果がある気がしますよ。絵文字名を入力してください
 
あとね!このサンダルウッドって女性が好む香りでもあるんですって! 
それは、男性が放つアンドロステロンをごく薄い濃度にするとサンダルウッドの香りに似てるからですって! 本当でしょうか?
なんか好きな香りって言いづらくなっちゃうね絵文字名を入力してください

 

 

 

ぜひ応援クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

コメント
西洋のハーブの香りももちろんいいんだけど、東洋の香木使用のお香もいい。要するに、人間にとって香りがもたらすリラクゼーションは今も昔も、西洋も東洋も同じなんだよね。そして、サンダルウッド(白檀)正常な女性なら「好きな香り」ってどうどうと言おう(^皿^)
2009/05/25(Mon) 22:38 | URL | kazumi Rococo | 【編集
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。