上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年のクリスマスに向けご紹介したWreathsに続きAtelier AmelieではValentaine's dayの為に「香りのボタニカル・オブジェ」4種類の販売を開始いたしました。

今回はお花の入ったバスケットもフランス製ペーパークラフトを用いた私の手作り!オリジナルの自信作です!オアシスごと取り除いても入れ物として使えます!・・・それに合わせてドライフラワーやプリザーブドフラワーをあしらいました!
もちろんその真ん中には香りの素焼きポマンダーがセットしてあり、精油を垂らせば香りを放ちます。

それぞれ4種類のボタニカル・オブジェにセット販売の精油は、バレンタインに合わせた官能的な香りをチョイスしました!

バレンタインのプレゼントとしてはもちろんですが・・・
ご自分のオフィスのテーブルに、ご自宅の寝室、サニタリールーム、キッチンでもマッチしちゃうオブジェですので、プレゼントは自分にでもOKね!

バレンタインにこんな素敵な精油たちと冒険してみませんか

1.「私はあなたの安息香」
ベンゾイン
         ベンゾイン
         
ベンゾイン

精油・ベンゾイン(安息香)・・・白い花がうつむく様に咲くジャワ、タイ原産のベンゾインの樹脂から採るバニラを想わせる甘い香り。別名安息香というように古くから呼吸を楽にすることで知られています。ベースノートで、気持ちを高揚させるが同時に落ち着かせるバランスのとれたほのかに官能的な精油。肌を柔軟にする乾燥から守るなどで美肌精油とも言われています。

主要花材・・・フーセンポピー、ラズベリーフィールド、ライスフラワー、バーゼリア、ユーカり、モナルダ他



2.「大好き聖なるMr.フランキンセンンス」
フランキンセンス
         フランキンセンス
         
フランキンセンス
精油・フランキンセンス(オリバナム)・・・樹脂から抽出される乳白色から黄褐色のスパイシーウッディで、シトラスも感じられるキャンディのような香り。
イエスキリストの誕生の際に捧げられた「乳香」として有名で、古くから現代に至るまで宗教儀式に使われています。フランキンセンスは中世のフランス語で「本当の香り」という意味に由来します。ベースノートで、精神を深く鎮静させ集中力を高める働きがあり、肌に活力を与えシミ、シワを改善する若返りの精油です。

主要花材・・・イモーテル、シャロンケイトウ、フィビキア、ライスフラワー、ブラッケンファーン他


3.「月夜の下で振り向いてよジャスミン」
ジャスミン
        
ジャスミン
        
ジャスミン
精油・ジャスミン・・・夏から秋にかけて開花するジャスミンの花摘みはこの花の芳香が最も強くなる夜間に行われます。「香りの女王」といわれるにふさわしいエキゾチックで甘美な香りには、思わず振り向いてしまうようなインパクトがあります。
精油の中で最も高揚作用が強いといわれていて女性ホルモンの調整作用、抗鬱作用にも優れています。

主要花材・・・スターリンジャー、千日紅、ライスフラワー、ハートポッド、ラベンダー、ユーカリ丸葉パープル


4.「これでも私をイランイラン?」
イランイラン
        イランイラン
        
イランイラン
精油・イランイラン・・・パフュームツリーと呼ばれる美しい木に咲く花から抽出される精油。マレー語で「花の中の花」という意味で高級フレグランスの原料としても広く使われています。
優しく、甘く、うっとりするような感覚の香り。
催淫作用が強く、極度の緊張やストレスを和らげ、こだわりから解放させ、血圧を下げる作用があります。

主要花材・・・紫陽花、レッドコーン、ペッパーベリー、ソフトミニカスミ草、ユーカリレッド、ストロベリーフィールズ他

以上4種類のオブジェです!どれもとっても個性的で可愛い作品です。どうぞこの機会にお求め下さい。
サロンでは、カウンセリングの際に御覧いただけるように展示しております。定価は1、2、4は¥5,000、3のみは高価なジャスミン精油のため¥6,000となります。
サロン会員様価格がございますので、お問い合わせ下さい。
同時にショッピングモールにも出展しております。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



コメント
とてもすてきなバスケットでした!
クリスマスリースとはまた少し違い、
日常さりげなくインテリアやデスクに置けるカジュアルさが魅力です。

さらに、このバスケットまで手作りとは!驚きです。


ひとつ疑問なんですが

リースにはユーカリオイルを使用していますが

同じ部屋にこのバスケットを置いて、フランキンセンンスオイルを使用すると

香りが混ざってしまう気がするのですが

それでも良いのでしょうか?

それともやはり、別々のお部屋に置いたほうが良いのでしょうか?
2011/02/08(Tue) 16:06 | URL | nagata | 【編集
は~い!嬉しいです!
Nagataさんこんにちわ!
フランキンセンスがNagataさんのチョイスだったんですね!
質問のお答えですが、例えばリースのポマンダーに2種の精油ブレンドを垂らしてもOKなので、あくまでお好みですが、ユーカリとフランキンセンスも悪くないと思います。
もしこのブレンドが嫌な場合は、どちらか休ませて、一方のみに精油を使う・・・でも良いのではないですか?
又、リースのときに差し上げたポマンダーの説明書にもあったと思いますが、香りを変えたい場合は、ポマンダーを1度日光にさらしてください。でも香りがほとんど飛んでいるようならば、さらす必要もありません。

無難な組み合わせとしては、フランキンセンスに柑橘系などがしっくり合うブレンドでしょう!オレンジやグレープフルーツ、レモンなどです!
又、色々試してみると楽しいですよ!
ブレンドのご相談もいつでも聞きますからコメント下さいね!
ではアロマライフを楽しんでくださいね!

いつもいつも私の手作りオブジェを使ってくださって嬉しいです!有難うございます。
2011/02/08(Tue) 17:01 | URL | madame Amelie | 【編集
ありがとうございます!

なるほど☆ブレンドしても良いのですね~!!

その相性は、やはりプロでしかわからないものですよね。

私も毎日楽しんでいます。なにぶん初心者ですので、また教えてください。
2011/02/09(Wed) 11:46 | URL | nagata | 【編集
もちろんです!
もちろんいつでも私で分かることで、アドバイスできることは致します!
でもフランキンセンスっていい香りでしょう!瞑想に使う人が多いようですよ!
私の好きなParisのサクレクール寺院でも焚いてましたよ!
2011/02/10(Thu) 06:20 | URL | madame AMELIE | 【編集
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。