上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝ヨガ(8時から)に2度目の参加!
瞑想が多いこのレッスンは朝1に受けると一日すっきり気分で過ごせます。

今日は先回と内容がまた異なり、秋バージョンになっていました。
今日のレッスンで心に残ったのが、サンスクリット語で歌うの花の歌・・・

インド原産のはヨガではよく出てきます。以前はの花のヨガというワークショップに出たこともブログに書きましたが、古代インドでは、ヒンドゥー教の神話やヴェーダやプラーナ聖典などにおいて、ハスは特徴的なシンボルとして繰り返し登場するんだそうです。

学名 Nelumbo nucifera(蓮) Nelumbo : ハス属 nucifera ・インド原産 で、は「蜂巣(はちす)」の略です。


泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられ、このイメージは仏教にも継承されたそうで、ハスの花、すなわち華は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多かったんです。 「は泥より出でて泥に染まらず」という日本人にも馴染みの深い中国の成句が、その理由を端的に表していますね!

今日の歌も、のように、自分の一番きれいな本質を輝かせる・・・という意味だそうで、訳のわからないサンスクリット語の呪文のようでしたが、厳かな気持ちで歌ってみました・・・

おかげで今日もすっきり冴えた一日です!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
















コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。