上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『快眠ニコライフ』ラストの今日は、具体的に睡眠前の入浴の時間や温度についての情報です!
私自身も、効果的な入浴法を調べてみて勉強になりました!

人は意識しないでも働く自律神経に作用されて生きています。
その内の交感神経が優位になると心身ともに臨戦態勢に入り、血圧と体温が上昇し、脈拍・呼吸数ともに多くなり、精神的には緊張状態になります。反対に副交感神経が優位になると、心身ともにリラックスし、血圧と体温も低下し、脈拍・呼吸数ともに少なくなります。
入眠体勢に入るには副交感神経が優位になる必要がありますが、その前にとる入浴時のお湯の温度によって、どちらの神経系が優位になるかが変わってくるというわけですよ!


熱めのお湯は、熱さがストレスとなるため、交感神経の働きが活性化して覚醒状態をもたらします。それに対し、ぬるめのお湯に比較的長い時間浸かることは、体の深部がゆっくりと温められるため、血液の循環が程よく活性化され、昂ぶった神経を沈めてくれるというわけです。こんな風に副交感神経が優位になると、安眠効果が期待できますね!このぬるめのお湯と共に精油を使って沐浴すると更にGOOですよ~!
ちなみに快眠には、38℃から40℃くらいのぬるめのお湯に、20分ほど浸かることがよいとされています


実は入眠を促進するためには、脳や内臓の温度、つまり深部体温は下げる必要があるんだそうです。なんだか、ぬるめのお湯といえども入浴して体を温めることとは相反しているように思えますが、上がりすぎた体温を下げるのには時間を要しますが、ぬるめのお湯に浸かって適度に体温が上昇した場合は、かえってそれを下げようとする作用が強く働くそうなんです。納得でしょ!私たち家族がよくやる半身浴はやっぱりデトックスという意味以外でも睡眠にも良い方法だったのか~


もともと体温のピークは夕方頃で、それ以降は徐々に下がっていきます。この自然な体温低下の生理的リズムと、ぬるめの入浴によって上がった体温を下げようとする働きとの相乗作用によって急速に体温が下がるのだそうです。この理由から、快眠へと誘うには、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることが効果的になるのですね


また、入浴する時間帯ですが、寝る前の2~3時間前に設定すれば、快眠を妨げることはないそうです。
夕食直後の入浴は避けた方が望ましく、入るとすれば食後1時間以上は時間を空けたいところです。なぜなら、食後は食べたものを消化をするために内臓に血液が集まっています。この食べ物を消化しているときは副交感神経が優位になっていて、リラックスしている状態なのです。食後の入浴は、せっかく消化管に集まった血液を逆に全身にまわってしまうことになり、交感神経が優位になってしまうのです。食後のアロマも同じ理由でNGですよ!消化不良にもなりかねません!


眠りのモードに入るために大切なのは、体温が下がろうとするタイミングを逃さず床に入ることなんだそうです!このタイミングは、ゆっくりとぬるめの湯に浸り、入浴後遅くとも1時間以内に就床できるような時間帯のこと!

快眠を得るうえで効果的な入浴法は、寝る前にぬるめのお湯で20分くらい入浴し、あまり時間を空けずにベッドに入ることなのです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:健康
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。