上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の調香で私が作った香りはNaming「雨に濡れた紫陽花」です。
今、我が家の紫陽花も咲き始め、毎年この梅雨時季のじめっとした環境の中で咲くこの花は美しい癒し。
アジサイ
今日も雨に濡れた紫陽花ですが、なぜか雨に似合う花・・・

アジサイ(紫陽花、英名・学名:Hydrangea)とはアジサイ科アジサイ属の植物の総称です。学名は「水の容器」という意味で、そのまま「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」ということもあるそうです。

私はこの花にはさほど香りはない・・・と思っていましたが、ほのかな甘い香りがあり、紫陽花の咲き乱れる場所ではかなり香りを感じるようです。

私が調香で作った「雨に濡れた紫陽花」という香りは、イメージカラーにパープル、パールブルー。イメージとしては、雨に濡れた紫陽花の花と共に香る葉や湿った土、空気すべての混ざった香りを表現してみました。

使用香料は、調合香料の梔子と蘭。天然香料のマートル、オリバナム、シダーウッド、パチュリ、グアイヤックウッドです。
調香師の先生からは、パチュリの効いたウッディ・シプレーで、雨に濡れた花や土を感じると言う総評を頂きました。

自分の興味の広さや表現力の豊かさが求められる調香では、日々豊かに暮らし、感動が必要になります。
努力していきたいです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



テーマ:花のある生活
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。