上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が十代の頃、初めて気に入って使った香水がリッチの「L'air du temps
グラースに初めて行った時に、この香水が好きなのでこれに似た香りを作ったのを憶えています。

その頃、海外に仕事でよく行っていたUpper KENのお土産でもらったのがきっかけで好きになったのでしょう!

今回、調香で香水のタイプの中の、フローラルブーケタイプの代表の名香として、何十年かぶりでそのボトルを手に取りました!羽ばたく2羽の白鳥を蓋にあしらったボトルデザインが特徴です。

ボトルが象徴しているように、香りは平和のイメージというだけあって、私の香りに対するイメージは正統派的な、上品な香り・・・と言った感じでした!

L'air du tempsは全世界が戦後の暗い闇の中で夢や希望が打ち砕かれた時代の中1948年に誕生しました。
名前の意味は「時の流れ」です。時が流れ、世の中が変わっていくことを望んでいたのでしょうか・・・

トップにネロリ、ベルガモット、ローズウッドなどのフレッシュフローラル、
ミドルにクローブ、ローズ、イランイランなどフローラルスパイシー
ラストにはサンダル、ムスク、ベチパー、ベンゾインなどのマイルドパウダリー

香水部門担当の息子のロベール・リッチが母、ニナ・リッチのイメージで創ったとも言われています。
上品でエレガントな母親を愛していたのでしょうか・・・

私も今回、久しぶりにこの香りに再会し、
    まさしく時の流れを感じてしまいました・・・

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。