上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は調香の授業の前に、私がリクエストして、たくさんある香水の中から JEAN PATOUジョイ を匂わせて頂きました!とても懐かしく、華やかな気持ちになりました!そんな気持ちにさせる香水JOYなんでしょう

1930年発表されたJOYは 厳選された花々の特性を活かした、ユニークで贅沢な香りとして2000年英国FIFI「世紀のパフューム」賞を受賞した優れた香水です。
ジャスミン、ローズ、イランイラン、月下香(オランダスイセン)を調合して作られた フローラルブーケの香りと言われています。

私は生まれて初めて嗅いだ香水の香りがこの香りでした。なぜかと言うと、私の母方の祖母がいつもこのJOYをつけていたからです。
祖母にこのJOYの黒い香水瓶を見せてもらった強烈な印象が残っています!
でも小さかった私もこの香りがとても好みで、当分、他の香水を知ってからもJOYに勝るものはないと思っていました!

前にブログで紹介した私の四半世紀愛用の香水273の天然成分と、このJOYは近いことも分りました!今思えば、だから273を好きになったんでしょう
香りに対する自分お好みも分ってきた気がします。

実はこのJOYを今日嗅がせて頂いたのは今、勉強中の4大フローラルの1つのMuguet(スズラン)の調合香料の香りがとってもJOYに似ている感じがしたからなんです。ローズとジャスミンを合わせた様なゴージャスさのある香りです。

調香師の先生のお話しでは、JOY自体、ローズとジャスミンを合わせ、両方にない香りを作り出している香水だから、Muguetに似ている感じを思ったのは、もっともだとおっしゃっていました。

今、我が家の玄関にはユリを飾っていますが、このMuguet(ドイツスズラン)もユリ科で、これまたどこか似た香りを放っています。現在では天然物からの採取は行われていないMuguetですが、調合香料でも4大フラワーの威厳を感じさせる香りです。


今日も好きな香りと共にJOYな気分が味わえた感じです


 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ






テーマ:花のある生活
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。