上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は初めてのお客様がご来店!
カウンセリングで好きな香りのお話しの時に、以前は柑橘のグレープフルーツなどがお好みだったけれど、最近ロクシタンのローズシリーズがお好みだと言われていましたので、今日のフェイシャル90分にはトリートメントオイルにローズオットーを使用しました!水蒸気蒸留で採取されたダマスクローズ(学名Rosa damascena)の精油です!
今日はローズとの組み合わせとしてイネ科のパルマローザをチョイスしてブレンドしてみました!

私は先日も授業でローズアブソリュートの香りを分析し、成分を組み合わせて香りを作りました。
また、その主成分の香りを嗅ぎ比べたりしてきましたが、本日精油として使った水蒸気蒸留法で採取されたダマスクローズの香りは、やはりアブソリュートとは違う深い深い高貴な香りがする事を使用しながら思いました。


今回調香の授業でよく理解できた事は薔薇における採取法の違いは、それぞれ薔薇の種類によって持つ成分の違いによるものだと言う事です。
ローズダマスクはシトネロール40%前後、ゲラニオール13%前後、ローズP13%前後です。ローズPが少ない分、熱に強いので水蒸気蒸留が可能というわけです。
その逆にローズセンティフォリアがアブソリュート(溶剤抽出法)なのはローズPが63%前後と多いので熱に弱く、採取法がアブソリュートに限定されているわけです!

もちろん種類によっても香りの違うローズですが、今日フェイシャルで使用したダマスクローズの香りがやっぱり好き!これこそが私としては優雅な薔薇の香りなんですね~!
今日トリートメントでこの精油を使用する機会があったことで、先日からのローズの香りの勉強として、私がイメージする薔薇の香りは、たくさんある薔薇の中でこのダマスクローズだって事、再確認できました!

今日のクライアントはもともとお肌の肌理の細かい方でしたし、とても女性らしい方でしたが、トリートメント後はお顔の血色がよくなり更にローズのように美しくなられていました!よかったです!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ




テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。