上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日に参加した日本アロマ環境協会のセミナー第二部の紹介をしま~す!
第二部は「ベルガモットの奇跡」でした。

柑橘系の中のベルガモットがヨーロッパでも愛され続けた理由に迫るオシャレで素敵なセミナーイベントでした。
私は勝手に決めました!フランスのプロバンスとイタリアのカラブリアへオージローに近い将来連れて行ってもらうことを・・・アロマ旅行です!

このイベントで、ベルガモットの最高級品質が採れる場所である南イタリアのカラブリアという場所の説明を詳しく聞いたらどうしてもこの地に行ってみたくなったんです!
カラブリアとはイタリアの長靴のつま先部分に位置する場所、ここのテロワールが栽培に難しいベルガモットに最適なんです。前にブログでも紹介していますが・・・
温和な海と1500m級の山々の地形が最適な気候を作り、温暖な冬、暑い風通りのよい夏、そして水はけ良く石灰質の土壌こそがこのわがままベルガモットちゃんのお気に入りの場所!

そしてニコニコ実るベルガモットの果皮から採れる精油の魅力とは・・・
①柑橘系の中でも複雑な香りを持ち、ブレンド性に優れる。
②他の柑橘精油にない成分があることでの薬理作用の多様性。
③リモネンと大差ない含有量の酢酸リナリルのおかげでのノートの幅広さ。
④他の柑橘系に比べ、モノテルペンアルコール類含有量が多い為の保存力。
⑤香り付けメインの精油である価値。

私がこのベルガモットが好きなのは、やっぱり成分のエステル類好きだから!とまたまた今回確信しましたね!
エステル類の中でも、ベルガモットで29%含まれるといわれる酢酸リナリルはクラリセージでは70%、ラベンダーでは35%含まれ、又ローマンカモミールにおいてはこのエステル類が全体の76%をしめている精油なのです。
これらが私のもっとも好きな精油である事は今までのブログを読んでくださっている方々には分って頂いていると思います!

このイベントでは実際にカラブリア産の貴重なベルガモットJamとそれに合わせたパンやチーズやピンチョス、そしてベルガモットの香り付けの代表であるアールグレーを頂きながら・・その素晴らしいベルガモットについてを学ばせて頂きました。
Jamお美味しかった!絶対私、現地に買いに行きますよ!

今日のイベントでは、このなんともわがままでちょっと曲者のベルガモットの魅力を再認識させて頂き、益々ファンになってしまった私ですハート

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。