上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は午前中にお客様が注文精油を取りに来られました。
早く芳香浴がしたいとの事で・・・嬉しい限りです。

彼女は先回のトリートメントの際に定番芳香浴のラベンダーやオレンジの精油の他に、季節に合った精油を注文したいとの事で、サロンの精油箱から何種類もの精油の香りを嗅いで、選んだのがトンカビーンズでした。

トンカビーンズ 学名:Dipteryx odorata、 Leguminosae マメ科の植物で、砕いて乾燥させたトンカビーンズから溶剤(ベンゼンかアセトン)により精油を抽出します。

香りは桜餅の香りとして有名で、私はこの香りに癒しを感じます。温かさを与えてくれる香りでもあります。また、この精油ほど他精油の効能は引き立たせる精油はないと思うほど、ブレンドすると他精油を際だたせる作用があります。
例えばイランイランやジャスミンとのブレンドでは官能的な香りをグレードアップさせますし、ラベンダーやローズとではリラックス感を増し、グレープフルーツやネロリとでは気持ちを更に高揚させる力を感じます。

冬に合った精油やクリスマスに似合う精油の紹介はおいおいブログにてするつもりですが、今日の彼女が季節に合った精油としてトンカビーンズを選んだのは、なぜだろう?と考えちゃいましたが・・・
もしかしたらドイツのクリスマス菓子のシュトレンの香料としてトンカビーンズが使われているのに何か関係あったりして!

12月のクライアントお迎えの香りとして玄関に私もトンカビーンズを焚きましょうっと!ちょっとオシャレで素敵な香りです!

クライアントの方で香りを試したい方は遠慮なく言ってくださいね!
その時ご自分の気に入った香りは、確実にその時の体調や精神面で求めている効能を持った香りだったりします。
Amelieでは常に皆様の快適なアロマライフのお手伝いをさせて頂いております。


 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ




テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
コメント
どんな香りか知りたいです
桜餅の香りの精油って、実際はどんなかんじなのでしょうか...?
今度伺ったときに、香りを試したいです。
他にもどんな香りがあるのか、実際に体験させていただけますか。
あと、以前ブログに書いていらしたお好きな香水の香りにも興味があります。
アロマを知り尽くしたセラピストのお気に入りの香りは、どんなテイストなのでしょうか...。
2009/11/19(Thu) 00:01 | URL | MG sawa | 【編集
是非次回お試し下さい!
sawaさん!香りへの興味が益々わいて来ているようで嬉しいです!
トンカビーンズはお好きな香りかも!
ほかにも色々と精油の香り試してみてくださ~い!

私の愛する香水273は、つけてからの方が香りの甘さが発揮される感じですが相変わらず好きで
毎日つけてます!
2009/11/19(Thu) 17:44 | URL | madame amelie | 【編集
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。