上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の季語でもある金木犀
金木犀の木があると、その馨しいエキゾチックな香りで必ずすぐにその存在に気づきます nico

キンモクセイ(金木犀 、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種です。
中国南部が原産で江戸時代に渡来したそうです。

花冠は白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶にしたり、蜜煮にして桂花醤と呼ばれる香味料に仕立てたりされています。

精油ではオスマントゥスがこの金木犀 の花から抽出した精油で、お気に入りの香りの1つです。
    主に精神面に作用し、イライラを沈め、気分を甘くするような香りです。
       オスマントゥス
     秋にふさわしい香りとして、最近芳香浴でよく使います!

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。