上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロンのフェイシャルのハーブパックによく使う花エリカ
     今、我が家のルーフバルコニーでも美しく咲いています。

ツツジ科の常緑小低木。英名ヒース(heath)またはエリカの名で知られています。ヨーロッパ西部および地中海沿岸に14種、熱帯東アフリカに2種、亜熱帯東アフリカに9種、南アフリカに605種もの原種があるそうです。
高さは20センチメートルくらいのものから3メートルに及ぶものもあり、横枝が多数出てこんもりするものや直立してスギのようになるものなど様々。
葉は線形および卵形で短く、花は壺(つぼ)状または筒状です。
花期は晩秋から春までで、多くは横向きまたは下向きに咲き、まれに上向きに咲くものもあるそうです。花色も豊富で、2色が混じるものもあります。
         エリカ
         我が家のエリカはホワイトデライト 美しい花

ヒースはハーブティでも美白効果のアルブチンを含んでいるため、メラニン生成を抑制する働きがあるといわれるんです。しかし味がない為、美肌狙いとして私はローズヒップとリンデンを一緒にブレンドします。
    ドライヒース
フェイシャルでも勿論このドライハーブに美白効果を期待し、パック材を作ります。

見るからに美肌に効きそうな見た目美しい印象のハーブ・ヒースですピンクのハート


 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。