上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は横浜市都筑区の山本記念病院の山本百合子理事長のセミナーを聞きにうかがいました。

5月から総合医療を実現するため「総合診療科」を開設され、「自分自身が入りたい病院、患者にやさしい病院」という、創立者の故山本善三医師が残した理念をさらに推進していらっしゃるのが今日のお話しをしてくださった娘様の百合子先生です。

山本記念病院の「総合診療科」は、理事長で皮膚科を担当する山本百合子医師と他2名の医師により西洋医学を軸に、東洋医学やアーユルヴェーダ、アロマセラピー、ハーブ療法などを採り入れ、慢性疾患の治療やQOLの向上に対応し、患者の意識を「治してもらう」から「自分で治す」へと変えていくことも重要なポイントになる!と言われていました。

「総合診療科」は何科にかかれば良いかを悩んでいる人への応対や慢性疾患に対する治療、個別の生活指導など、既存の外来では手が回らなかった部分を補うそうです。
合わせて人間ドックや企業検診のフォロー、食事を含む生活指導などの予防医学を行うそうです。
代替医療も採り入れていて、“統合医療の入口と考えているそうです。 素晴らしいです!


そんな未来的医療をすでに実践されている先生の今日のお話では、先生の根本の考え方がホリスティック医療に基づいている事と、部分を治療する西洋医学中心の日本の医療システムの中の1医師としての立場からのご経験と共に、百合子先生の抱かれていらっしゃる未来医療に対する展望は明確であり、とても説得力のあるものでした。

未来の医療は病気になってからではなく、病気にならないように導く予防医療であると・・おっしゃっていました。
未来医療に大切な3本柱としては
①医師が医師以外に健康の為に従事する人々との連携が大事である事。
②医師任せではない、個人が自分を知る事。
③自分の生きている意味を知るための治療教育が必要である事。
                                    ・・・・でした。

私がブログで先回紹介したオアシス病院の考え方と似ている様に感じました。

私達、アロマセラピストにとっても今日のお話はとても希望の光となりました。
感謝の気持ちで一杯です。有難うございました。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


テーマ:健康
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。