上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちは娘達が二人ともスポーツ系女子
先日も次女のアロマトリートメントをしましたが、アロマテラピーの精油には、スポーツ前後に効果的なものがあります。
先日のブレンドはレモングラス・・・筋系強壮
           ローズマリー・・・循環器の活性化を助け怪我を減らす
           ペパーミント・・・筋肉の鎮痛、活性

私のアロマテラピーの先生はシドニーオリンンピックの際、アスリートのケアで現地に行っていましたから!うらやましいです。

アロマにおけるスポーツ系トリートメントの役割は選手の筋肉に溜まる疲労物質を流す事が重要!すなわち酸素不足により生じた疲労物質の乳酸を排除すべき!と私は単純に考えていましたが、最近この疲労物質と言われていた乳酸と疲労には因果関係がないということが証明されたと読みましたはてな


乳酸が疲労物質と言われるようになったのは、「疲労すると血中に乳酸が増える」という100年ほど前の実験の結果だけで、わかっているのは「疲労した身体の血液中には乳酸が増えている」という事実だけ!それによって「乳酸=疲労物質」と言われ続けてきたらしいのです。

筋肉は主にグリコーゲン(腸で吸収したブドウ糖を肝臓で再合成して蓄えた物質)をエネルギー源として使います。このグリコーゲンは筋肉と肝臓で蓄えられ運動で使われますが、運動の為のエネルギー生産過程において乳酸は同時に生成されるものです。

急に、激しい運動をすることによって、増える乳酸の蓄積によって、普段中性である筋肉が酸性に傾くことにより、体に悪影響を及ぼす場合があるとされていましたが、本来乳酸は脳神経系では重要なエネルギー源であり、エネルギーを生み出す重要な物質なわけですから、筋肉疲労を軽減させ、早く回復させるエネルギーの役割をしてくれるのでははてなと言うことらしいのです。

そう!乳酸についてはまだ解明されない点があるようですが、今はエネルギー源である乳酸の効率をよくする事が必要だって事は分ってきましたね!やはり溜め込みはだめなんですよね!
娘達のためにも出来ることはアドバイスしてやりたいんです。

乳酸の働きを効率よくし、疲労感を回復するために必要な事として・・・
栄養
栄養をしっかりと摂取することにより血液循環をよくする事。特にビタミンB群を積極的に摂取するようにする。

ストレッチ
乳酸の働きを効率的にするためのストレッチ。
乳酸がたまった筋肉は縮んでいて、筋肉の中を通っている血管は押しつぶされた状態になっています。そこで押しつぶされた血管を正常な状態に戻すことが必要になります。押しつぶされた血管を戻すために、効果的なのが、筋肉を伸ばすストレッチング運動。

入浴
乳酸の働きを効率よくさせるため半身浴を行う。温度が38~39度のぬるめのお湯にみぞおちまで浸かることで、皮膚の毛細血管をはじめ体中の血管が拡がり血流が促進される。また、アロマの精油を入れて香りも楽しむことができれば、脳の疲労回復にもつながる。

そうね~!乳酸は疲労物質ではないけれど、筋肉に溜め込まない!それにはやっぱり血流!=アロマトリートメントなんですよ

精油の力と施術が循環器系と筋系を正常に整える意味でもスポーツ選手には必要なんですよね!

次女は今日から合宿に行きました。頑張ってほしいです!
又、帰宅したらトリートメントをしてやらねば

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ





テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。