上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャ~最悪ビックリ

朝、外の植物に水をあげて、石の外階段にもいつものように水を撒きました。
その直後、カーテンレールの修理業者さんが入り、門が開けっ放しなのに気づいて閉めに行った時です。水を撒いた石の外階段の下から3段で、私、滑ったんです!!自分の脊椎骨で!

もう終わった~と思いました!胸椎から腰椎までを擦りながら滑ったんです!
ショックと痛さで2,3分ぐらい立ち上がれませんでした!
うちの外階段を知っている人ならこの痛み、わかってもらえるかな~アイコン名を入力してください
背中中心は真っ赤と紫になって血も出てしまいました血
でもどうにか起きれて、まずはまずはホメオパシーの応急手当レメディーでアルニカ投与に急ぎました!

このアルニカとは高山の雪腺(万年雪の下限)のすぐ下に生育し、スイスやドイツ北部、南米のアンデス山脈などに見られるうさぎ菊を原料にしています。デイジーの仲間の花で15cmくらいの丈になります。

アルニカはホメオパシーでよく使われるレメディーの一つで、とにかく怪我したらまずアルニカと言われています!
怪我、事故、ショック、外傷、出血、打撲が代表的な用例です。
何百年もの間、賢人が薬草として使用してきた高山植物であり、山岳地帯で放牧されている羊も、怪我をするとこのアルニカを選んで食べるというぐらいですから!

他の使い方としては、事前投与が可能です。外傷を生じるのでは!と分っているスポーツ前や、歯科治療の前などにも服用しておくと処置後の腫れや痛みを軽減できるといわれます。すぐれものハート


私はセラピストとしてもトリートメントするにあたり、こんな怪我してる場合じゃないし、本当に気をつけねばと反省しましたよ!
そしてアロマテラピーの対応としては、冷湿布タオルを作りかなり長い時間背中を冷やしたんです。

今回の症状で冷湿布に使用した精油は4種類
ローズマリー・・・鎮痛作用(挫傷に対し)
ペパーミント・・・鎮痛作用、冷却作用、収斂作用
パチュリ・・・収斂作用、抗炎症作用
ティートリー・・・殺菌消毒作用、抗炎症作用

そして内出血部位にはハマメリス芳香蒸留水も塗布し自分としてはやるべきことは全てやりました!
今、夕方ですが今朝の怪我の具合は?・・・もちろんアザにはなってるけれど痛みもほとんどありませんしアザも思っていたより薄い色です。
アルニカはアザや傷をかなり軽減できる作用も持ってるんです!

とにかく事がぼっ発してすぐに服用するのが一番効力を発揮するホメオパシー!どんなにショックでも、どんなに痛くても、どんなに辛くてもまずホメオパシーを思い出すのが鉄則なんですよ!

しっかし悲惨な私!
でも階段の下のほうからの滑りだったのが不幸中の幸い!みんなが同じ目に遭わないように水撒きにも気をつけます!
ホメオパシーもすぐ飲んだし、今後に腰痛が出ないことを祈るわドクロハート

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。