上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はサロンのアロマトリートメントにおいてクライアントに精神面での精油を考える際、鎮静作用、高揚作用、又この拮抗作用二つを持ちあわせ精神のバランスをとる作用を基本に頭の中を整理します。

神経疲労が続き、今サロンにおいてはゆっくりした鎮静が活力を与える場合、もやもやした気分をリセットさせる為の高揚が活力を与える場合、またトラウマ、現在取り巻くストレッサーや体調不調から精神バランスを重視する場合など様々です。

精神面に効果がある精油であっても、トリートメントに使用するという範囲の中では、肌刺激の事など考慮していくと精油も限定されますが、全体的に鎮静作用をもたらす精油がかなりを占めています。次に鎮静と高揚を持ち合わせる精油、一番少ないのが高揚作用を打ち出せる精油です。

我が家で今、元気に生っているライムは精油の中でも高揚作用が特にあり、
                 レモンよりも強いといわれています。
          ライム
 その香りは甘くてグリーンで、どこかピリッとし渋さのある、
                         ちょっと癖のある香り!

肉体面では柑橘系の消化器強壮作用、殺菌、消毒、抗ウィルス作用があります。

私はこれから頑張らなきゃの時の芳香浴にライムをよく使います。
この香りから強い意気込み?を感じるから!なんか元気が出ますよ!

 

 

 

 

ぜひ応援クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。