上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
随分と秋めいて、朝夕は寒くなりましたね~!

秋といえば金木犀・・・ふと気づくとどこかからいい香り・・・見るとオレンジ色の金木犀が咲いていて、必ずその下にはたくさん花が散っている・・・この光景を見ると秋を感じます。

先日も本物の金木犀の花の香りだけに我慢できず、お家の中でもオスマントス(金木犀)の精油を焚きたいと、サロンで注文がありましたが、精油の金木犀もまたまた甘く素敵な香りです。

地元の八百屋さんでは、香水は焚けないからって、殺菌の意味でティートリー精油をご注文して下さったりして、私の周りでアロマライフをエンジョイする方がどんどん増えて嬉しい限りです。
私はそれよりか八百屋さんからする安納芋の焼き芋の香りが鼻に残って仕方ない今日この頃ですけど・・・

今夜は、6月初めに焼酎に漬けこんだ梅酒を飲みました!まず瓶の中の香りが信じられない程いい香り・・・アロマの精油で言えばチューベローズかな~!甘くってフローラルな香りです!我が家の梅酒nouveauです!
梅酒nouveau
梅の実も美味しいの!梅好きの私としては病みつきです!



ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
   

スポンサーサイト
テーマ:癒し
ジャンル:心と身体
先日の調香の授レッスンではDiorのディオリッシモが代表のいわゆるシングルフローラル香調の香水の創香に挑戦しました!
自分自身でテーマとなる花を選ぶので、私は大好きなカサブランカにしました!もちろんこの花が好き、でも映画のカサブランカ、そして近い将来に訪れようとしている都市の1つがカサブランカですし・・・この名前自体が好き!響きがステキじゃないですか?

カサブランカはユリ科の多年草で、大きくて白い花びらとオレンジ色の花弁が美しいコントラストを描いています。花言葉は「雄大な愛、威厳、高貴」でカサブランカの花のイメージどおりです。

ユリ科の花の香りには欠かせないのがオイゲノールという単品香料です。これはピメント、ローリエ、シナモン、クローブに含有されるスパイシーな香りであり、カーネーションの中にもある香料です。
こんなスパイシーな香料がバラやユリにも入っているって想像できませんよね!
あのクレオパトラもこの香料が好きでした!自分の船の帆柱に丁子(クローブ)の香りをつけさせていたので、船が見えるより先に香りが港に届いていた・・・とさえ言われていますから(笑)

ローズP、ベンジルアセテート、インドール他で全てで16種の香料を混ぜ、中でもイソユゲノールというオイゲノールをたっぷり入れてカサブランカが完成!今、香りを嗅ぎながらブログを書いていますが、まるでカサブランカの花にに囲まれているよう(笑)
あ~!この寒い雨降る日曜日でも癒されますわ~!
次回のレッスンで時間が経った香りを再度確認します!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
昨日、調香の授業に行きました!私は今、調香本科の授業をマンツーマンで調香師のサトリさんから受講させていただいています。
普段はアロマテラピーの仕事で天然香料に携わっている私にとって、またまた香りの新境地である調香のレッスンは、驚きと発見そしてアロマのスキルアップにもつながる・・・私にとって最高に興味深い授業なんです。

入門、基礎科ではそれぞれの天然香料、調合香料、単品合成香料を学び、香水の歴史、そして名香といわれる香水ブランドなど・・様々な香りについてを学んできましたが、本科では、更に掘り下げた形で、今度は香水タイプ別で名香をその処方通りに再現調香し、そのタイプでオリジナル香水を創香しています。

昨日は、シングル・フローラルの名香を一通り嗅いだ後に、シングル・フローラルの代表ともいえるディオールのディオリッシモを処方通りに作って見ました!まずはインドールindole以外のものを計り混ぜ、ムエットにつけて嗅いでみました。うん!素直なフローラルMUGuET(すずらん)の香りそのもの・・・が少~し物足りない感じの香り。
次にインドール10%を全体量の中では一番の多い比率で混ぜました。するとどうでしょう・・・かなりフローラルが大きく膨らみ、香りが華やいだのです。香りに主張が出ました!そうです!臭い匂いはチョッピリだといい効果があるの!他にはシベット(麝香猫より採取)も臭いけど、香水にかなり入ってる香料でしょ!これだって、ちょっぴり入れれば香水が引き立つんだから~!

インドールは、ウンチ臭を発散するといわれる香料!実際大便の臭い成分にもインドールが含まれるんだそうです。またコールタールにも!ところが低濃度の場合は花のような香りがあって、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあるんです。天然ジャスミン精油も約2.5%のインドールを含んでいますよ!私がジャスミン香をそこまで好きになれないのは、このインドールに原因があったのですが・・・
今日のインドール効果で、このウンチ香料をちょっぴりだけ見直しました・・・インドールちゃんが華やぐBad smellだってこと!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



今日から、パルフンサトリでの調香の授業は本科へ・・・月2回くらいのレッスンですが、毎回楽しみなんです。
本科では、サロンのオルガンの香料を使って、メトラーという専門の秤で一つづつの香料を図って調合します。細かい作業です。


今日の授業では、シトラス・コロンTYPEの元祖ともいえるMuerhensの4711を処方通りに再現する事をいたしました。
4711は、私が愛用しているサンタマリアノベッラの『王妃の水』をベースに、ハーブを加えて18世紀末に創られたケルンの水とも呼ばれる香水です。
確かに、『王妃の水』もベルガモットや他の柑橘の香りが爽やかですが、今回の処方を見て、4711との違いがよくわかりました!こちらはハーブを効かせていますし、単品合成香料もポイントになっています。

今までも何度となく出てきている4711ですが、実際の処方箋を頂き香りを組み立てていくと又ちがった意味でこの香水を感じられ、そして印象に残ります。

4711はほとんどが天然香料の柑橘系で構成されているこのMen's香水ですが、ベルガモットの含有量が多いので私は好きなんだと思いました。単品合成香料は2種のみで他は2種のハーブ香
・・・とっても素朴だけれど、とっても爽やかで澄み切っていて大好き!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:アロマテラピー
ジャンル:心と身体
9月30日に、私が調香を習っているさとり先生のブランドParfum Satoriより新しい香水が発売されました!
Sonnet』(叙事詩)という名の香水です。
問い合わせParfum Satori Tel 03-5787-7207
http://www.parfum-satori.com このNew fragranceは25ansでも紹介されています!


あるようでなかった金木犀の香りを中心にしたフルーティ・フローラルタイプの甘く優しい香り・・・香調はトップにオレンジやマンダリンなど柑橘+クラリセージが香り、金木犀のフローラルに移り、サンダルウッド、ローズウッドの暖かい木のラストに優しく包まれる感じです・・・
ちょと和風でとても素敵!上品な香りです。

10月の今では、ほとんど金木犀の花は散って、道端に小さいオレンジの花がいっぱい見られます。
短い期間だからこそなのか・・・強い香りで花の印象を残す秋の花、オレンジ色の金木犀、オスマントゥス・・・私も好きな香りのひとつで、先日の手作り美容液にもこの香りを入れたのです!

秋の発売にピッタリのさとり先生の香水を紹介させて頂きました

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
   
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。