上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、日本学術会議で「民間療法のホメオパシーは荒唐無稽」と発表されました。

この記事には、まず山口県で女児死亡の例を取り上げて、医療現場においても「自然に近く安全で有効な治療」として広がっているホメオパシーを排除する。特に医療従事者が治療にホメオパシーを使うことは厳に慎むよう呼びかけるというものでした。

日本ホメオパシー医学協会はこの記事に対し、「ホメオパシーの治癒効力は世界中で認めらていて、きちんと調査もせず荒唐無稽と判断するきわめて非科学的な態度にあきれている。日本学術会議の見解、認識は世界の情勢と著しく乖離している」とコメントしています。

私は家族の為の緊急レメディとして、その症状を少しでも緩和させる為にホメオパシーを常備しています。
自然療法の一環として欧州では200年の歴史を持つホメオパシーを知り、自分が使う前にはイギリスのホメオパシーのレメディを扱う薬局で薬剤師の先生から使用法を教えていただき使用しています。また、アロマテラピーのお客さまでも興味のある方はこの薬局を紹介しています。


今までにも自分の周りだけでも、この効果は実証されています。喉にささった魚の骨がとれる、打撲の緩和、顔の赤みを押さえる、喉の痛みをとる、腹部膨満感を取り除く、むくみのデトックス、睡眠薬に頼らず安眠に導く、鼻水を止めるなどなどホメオパシーに助けられ、結果、飲まなくても良い薬を飲むことなく症状が消えたことがたくさんあります。
あくまで補完医療として、西洋医学を否定するわけでなく、様々な選択肢をもって自分たちの健康を守ることが大事だと思って使用しているのでとても役立っています。


今回の発表の発端ともなった女児死亡の例ですが、本来ビタミンKを投与する代わりに助産師がホメオパシー療法を行ったそうですが、それはホメオパシー自体が否定されるのではなく、使い方を間違った人のミス以外の何者でもありません。これがホメオパシーの代わりに漢方薬であっても、ただの水であっても悲劇は起こったわけで、とにかく通常通りビタミンKを投与しなくてはいけなかった状態だったわけですよね!

またネットなで売られる怪しげなホメオパシーも、今回のような発表が出るとホメオパシーを知らない人にとってはこの発表に賛同する決定的な要因になりうる!これも残念でなりません。


日本は最新・最鋭の現代西洋医学を実践している国であることに変わりはありません。
そこに加わる代替医療は、概して毒性が少なく、また患者に対して侵襲の少ない治療法であるからこそ症状を良い状態にする事があるのです。また、薬品による副作用、環境汚染、医師に対する不信感など21世紀の医学の問題点を解決し、かつ医療の質の向上に大いに貢献するものと期待されてきました。
患者さんにとっても、すばらしい選択肢が与えられることになるのです。
ただ私はあくまでこれは選択肢の一つと考え、病院には行きますし、検査も受ける、必要であれば当然薬も服用すべきと考えています。その上で、このホメオパシーの効力も信じているのです。

医療従事者がそれをぶち壊してしまい今回のような発表がなされることは非常に残念でなりません。
このような発表を出した真意は、医療現場での誤った使用法を防ぐにやむをえないといった切羽詰ったものだったのでしょうか?

愚かな判断と使用の結果で、代替医療、補完医療の価値を下げてほしくないと心から思います。ホメオパシーを上手に利用している人たちにとっては迷惑な話だからです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

スポンサーサイト
テーマ:健康
ジャンル:心と身体
今日は、私がアロマテラピーを学んだニールズヤードの自然療法セミナー「アーユルヴェーダの薬理学と製薬学」を学びに行きました。
講師は、私達がIFAコースで解剖生理学を習った加藤幸雄先生です。

アーユルヴェーダ( aayurveda)はインドの伝統的な学問で、その名はサンスクリット語の「アーユス(aayus 生気、生命)」と「ヴェーダ(veda 知識)」の複合語です。

現代でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいて約五千年の歴史があり、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれています。
先生も、このアーユルヴェーダを学べば、人間が快適に幸せに長生きできる正しい方法が全てわかる・・とおっしゃっていました。
今日の講義はたったの2時間でしたので、先生もこの奥深い学問のさわりをささ~っとお話されるのが大変だったのではないかと思いました。

アーユルヴェーダがこれから求められていくでしょう!と先生はおっしゃっていましたが、広まりずらい理由としては、話が複雑すぎるから・・・とおっしゃっていました。
それはアーユルヴェーダでは、ハーブにしろ食物にしろ、どんな状態の人が、どんな物を、どんな量、何と一緒に摂取するかが一番の問題でその点を研究している学問であるから、「これはこの効能に優れる!」・・といった簡単な発想は意味がないのだそうですよ!確かに人間は肉体も精神も違うのだから当然ですよね!

今日先生のお話を聞いいて、一般的に世間ではハーブや精油、食物やサプリ、様々な成分の効能を簡単に謳い、噂がたち、流行っては消え、また新たに注目され物が登場するの繰り返しですが、その効能は決して間違っていなくても万人へ効果が薄いのは当然!?・・ということを妙に納得してしまったのです。
同時に、アーユルヴェーダの奥深さを知り、かなり研究し勉強しないと難しい学問であることだけは理解できました!

アーユルヴェーダには若返りの療法もあるんだそうです。老化も自然な病気と言う考え!
インドに行けば受けれるらしいですよ!いつか受けたいですね!
先生が、若干若返って見えたのものアーユルヴェーダ
おかげ!?


 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

ハタ・ヨガを始めて1年半がたちました。
最初のうちはポーズをとることで精一杯!でもさすがに最近は余裕が出てきて、より効果的にポーズを維持すると共に、意識を呼吸に向ける事の大切さを感じながら行っています。ハタ・ヨガでは主に腹式呼吸を行います。

呼吸は生命維持活動に不可欠な人体の活動です。
消化器系や循環器系などの活動も生命維持には不可欠でありますが、呼吸はこれらと異なり、通常、訓練せずとも人間が意識で操作することが可能であるという特徴です。

アロマテラピーの解剖生理で呼吸筋は随意筋である!というのをインプットしたのを思い出します。!自分の意思で動かす事のできる内臓筋という意味です。
アロマトリートメントにおいてもクライアントの呼吸を意識し合わせたり、自分も安定した呼吸がかなり重要になります。私は自分コントロールの為にもヨガが大事だと思っています。

呼吸を訓練することは、心身を訓練する最も簡便な手段のひとつであるといえ、自然治癒力の向上にもつながります。

日々のヨガの中でもこれを意識しながら行う事で、一番の目的としているデトックスを助けてくれます。
ついつい忘れがちな当たり前の呼吸に意識を向けるだけで、体お調子が良くなったりしますよ!
美容の為にも大事です試しに作ってみた

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



昨日は新月でした。新月から次の満月に向け少しずつ人のパワーがアップすると言われていますチシャ猫

私は昨日なぜかひどく疲労を感じ、夜も早く休んだりしていましたが、気がつけば新月だったとは!
そんな時は体が休息を必要としている時、休むべき時なんだそうです。

細く青白く光る新月、三日月、半月、惹きこまれそうなほの赤い満月、そして又新月へと月は刻々と姿を変えます。月は成人女性と子供のシンボルといわれています!

女性の月経周期は28日間、女性の気になるお肌のターンオーバーも28日間、そしてこの月の周期も28日間・・・28という数字は女性に縁深い数字のようですね!

満月の日は赤ちゃんの誕生が多いと言われますが、満月新月の逆で、パワーが一番高いときなんですから、母と子の二人のパワーが最大になり、赤ちゃんがこの世に誕生するというのは納得いきますよね!

ヨガのインストラクターが、満月の日のヨガは気持ちよく行える!って言ってました。そのくらい常に自分の体を見つめている人にとっては小さな変化も感じ取れるんでしょうね!

次回の満月は12月2日です!今日から満月に向けて日々少しずついろんな面でパワーアップできるとgooですねチシャ猫

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体
今日は朝から昨日亡くなった女優さんのことばかりが芸能ニュースで流れていましたが、私はここ最近の認知症と診断されてからの彼女のイメージが強く、実際にはあからさまな映像公開に非難の声も多かったようですね!
果たして、「俳優は夢を売る仕事だから・・・」と言っていた彼女の意思に沿っていたのか?と思ってしまいました!

以前、認知症についての講義を受けた事がありますが、病気にかかった本人はあまり治りたいと思っていないんだそうです。
認知症は日常的には義務的な仕事に没頭し、そのため記憶力を良く使う人が多くかかるといわれ、心に秘密を抱え、最後には目の前の現実から逃避する感情が引き起こす病とも言われています。

昨日、私もかかった事のある田園調布の長田整形外科(tel 03-5483-7066)の出しているニュースレターで、この認知症に関連した情報をたまたま目にしました。
いつもためになる情報で私も勉強させて頂いてます。

今回は大脳辺縁系の一部である海馬(かいば)について注目された記事です!
海馬とは海馬体の一部で、特徴的な層構造を持ち、脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官です。
私達もアロマテラピーにおいて、嗅覚から芳香成分が直接作用する部位として、この大脳辺縁系の事をたくさん学びました!

この記事によれば、誰でも加齢により脳が縮小していくが、最も顕著に縮小するのがこの海馬であって、この縮小が進めば、認知力が衰退し、認知症、アルツハイマーが発生するらしいのです。

しかし、脳の神経細胞は新生可能であって、「脳内の神経細胞が新生するのに効果があるのは、自分に合った運動だ」と書かれているのです。
エクササイズによって人の脳に神経新生が起こる事は、イリノイ大学のアーサー・クレイマー教授の研究によっても確認されているそうです。

この事から言えるのは、自分のためにも、周りの為にも加齢と共に運動を生活の一部に組み込む事です!
ひとたび習慣にすれば、アンチエージングの大きな柱になるのです。
どうせ生きるなら、今だけの事を見つめるのではなくまだまだ快適に生きたいじゃないですか?

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、毎回クリックをお願いします。
  
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。